保育士になるには国家資格が必要

保育士は、大切な子どもたちを預かる責任あるお仕事ですから、誰でもがなれる職業ではありません。保育士として働くには、国家資格が必要です。そう言われてしまうと、ハードルが高そうだからやめてしまおう、と思ってしまう方もいるかもしれませんね。ですが、保育士になるには、いろいろな方法があるのです。自分に合った方法を選択すれば、今からでも国家資格を手に入れるのはそう難しいことではないかもしれませんよ。保育士になれる5つの方法をご紹介しましょう。

4年制大学や短大の保育士養成課程を修了する

4年制大学や短大の保育士養成課程で所定の課程を修了すれば、保育士資格を取得することができます。4年制の大学を卒業している方が、お給料が若干高めだというメリットはありますが、定員が少なく大学に合格するのが難しいというデメリットもあります。短大の場合は、2年という短い期間で学ぶことが多く、実習に費やされる時間も少なくないので忙しくてハードな毎日を送ることになるでしょう。また、大学や短大のみならず、専門学校や通信制の学校で保育養成課程を学び、資格を取得する人もいます。

保育士養成学校を卒業していなくても資格は取れる

保育士養成課程のある学校を卒業していないと資格が取れないかというと、そうではありません。年一回実施されている保育士試験に合格すれば、保育養成課程を修了していなくても保育士なることができます。受験には大学卒業や短大卒業などの一定の条件はありますが、社会人になってから保育士を目指し始めた人にも、大学で全く違う勉強をしていた人にも門戸は開かれています。保育士試験は合格するのが難しい試験なので、独学ではなく、通信講座を利用している人が多いようです。

大阪には多数の保育園が存在しており、保育士の需要が大変多いため、保育士の求人を大阪で探すことで、魅力的な求人を多く把握できます。

保育士の求人の豊中市はココ
保育士の求人の大阪市西区の情報