外資系の会社は欧米系だけではない

外資系と言うとヨーロッパやアメリカの会社を思い浮かべる方が多いでしょう。実際に欧米系の会社も求人を出していますが、最近はアジア系の会社の求人も増えています。アジアが経済的に発展しているので、この地域の求人が増加しているのです。アジア系だからいって、その国の言葉が使われるわけではありません。英語を話すことができたら、働くことができます。英語はビジネスの言葉として世界中で定着しているので、アジアの会社でも英語が使われています。

欧米の会社よりも英語力は求められない

ヨーロッパやアメリカの会社で働くときは、高い英語力が求められます。TOEICの点数で言えば、700点以上の英語力です。上級職だったら、800点以上を求められる場合もあります。アジア系の会社はそれほど高い点数を求められません。TOEICで600点以上のスコアがあれば、応募できることが多いです。会社によっては、500点台も構わないところがあります。ただし、限定的であっても、自分の意思を伝えられる程度の英語力は必要です。

実務体験が重視されることが多い

外資系では英語力がポイントになりますが、それだけでは不十分です。英語力ともに、実務の経験が重視されます。例えば、英語を使った医療機器のセールスのような経験があれば、応募した時に有利になります。この点はアジアの企業でも同じです。たとえ英語力は劣っていても、実務の経験があれば、採用されやすくなります。エンジニアのような技術職だったら、現場では働くときに仕事で必要なことを伝えられる英語力があれば、OKです。英語力にプラスする実務経験を持っていることをアピールしましょう。

英語が活かせる英語の転職には貿易関係や旅行業、ホテル業、外資系企業、日本語教師、航空会社などがあります。

英語の求人の詳細